妊娠の喜びを知ることは、

妊娠の喜びを知ることは難しいことではありません。

男性も含めて口コミで人気の葉酸サプリは、エレビットで、後発組でも最近人気の葉酸サプリにアロベビー葉酸サプリがあって、葉酸サプリならではの正しい飲み方で飲み続け、精神的なプレッシャーも大きかった時期は妊娠することで、すべて報われますよね。

 

妊娠した後は、鉄分やカルシムなども欲しいですし、最初から葉酸だけでなく、必要な成分を含む葉酸サプリを継続する方が、途中で商品の見直しや切り替えをする必要がなくて済みますね。

 

 

 

葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいいの?葉酸の働きを期待するためという意味では、妊娠する前から卒乳まです。

 

最も大切なのは妊娠初期ですが、授乳中もそうでないときよりも多くの葉酸を必要とします。

 

卒乳をすれば、バランスのよい食事を摂ることで、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、栄養補助食品は不要です。

 

ただ、バランスの良い食事というのが、実現が難しい方が多いと思います。

 

赤ちゃんの面倒も見なくてはいけないのに、なおさら自分の食事を丁寧に準備するのは大変になることでしょう。

 

そういった意味で、妊娠中と同量の400μgまでは不要ですが、ご自身の食事との兼ね合いで少量を継続してもいいと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、ほそぼそでも継続することで産後のお肌のトラブル防止に良いと思います。

 

 

 

妊活には男性用葉酸サプリを摂りましょうというのは、必ずしも正しくありません。

 

そもそも葉酸を摂る目的は、母体で胎児の器官を形成する際に必要だからです。

 

その際、葉酸が足らないと二分脊椎や無脳症の発症リスクがあるため、その予防に効果が期待できるからです。

 

妊娠する前から飲んで、妊娠初期に備えるという考え方です。

 

それは男性と女性の決定的な差ですね。

 

パートナーの男性が飲んでいないとしても特に問題はありませんし、男性が葉酸を摂取することのメリットはありません。

 

でも成人男性の葉酸の推奨量は、1日あたり240μgとされているので、この分は確保する必要があります。

 

240μgは、食事で摂れるという前提で考えていますが、その男性が、もし偏食気味であれば、栄養補助食品を利用した方がいいでしょう。

 

ただし、取りすぎは副作用を招くので注意してください。

 

18歳以上の男性の場合、葉酸の上限量は900〜1000μgになっていますので、覚えておきましょう。

 

どちらかというと葉酸ありきのサプリではなく、マカありきの葉酸サプリの方が簡単に効果を実感できるかもしれませんよ。

 

 

 

葉酸はいつまで飲むのか、あなたはいつまで飲みましたか?妊娠初期に赤ちゃんの器官が形成されるので、その時期は飲むべきですね。

 

さらに妊娠中期の妊婦さんでも摂取量は減らしたにしても葉酸は取った方がいいのです。

 

ベルタなので葉酸サプリは、飲んでないという方もいるようですが、実際、厚生労働省が勧める葉酸量を葉酸サプリを飲まずに摂るのはほぼ不可能です。

 

それぞれの食材に含まれる葉酸量の決して多くはないですし、葉酸量だけ意識した食事では、栄養バランスが悪くなります。

 

もちろん葉酸サプリは取るのが簡単だからと言って、やみくもに飲んではいけません。

 

葉酸の1日あたりの摂取量は、上限の推奨値が定められています。

 

上限値(1日あたり900〜1000μg)を超えた飲み方を継続したことで、喘息持ちの子供になったというケースがあったからです。

 

でも心配には及びません。

 

一般的にバランスが良いと言われる食事でさえ摂れる葉酸は、1日あたり240μg程度、葉酸サプリでもほとんどの商品で400μgですので、無茶な食べ方、飲み方をしなければ、上限値を超えることはないでしょうね。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

 

それは、アメリカの研究チームが「葉酸を摂取することで精子の染色体異常が少ない」と発表したことを根拠にしています。

 

しかしながら日本の研究者からは、同様の研究報告がありません。

 

また、厚生労働省も認めていません。

 

ですから「元気な赤ちゃんが欲しいなら男性も葉酸を摂った方が良い」というのは、正しいとは言えません。

 

ただ、「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」(厚生労働省)によると成人男性における葉酸の摂取推奨量の指標はあります。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ということは、普通に食事をすれば推奨量は摂ることができるので栄養補助食品はいらないですし、食事で推奨量を満たしていないなら葉酸サプリメントで補充した方が良いでしょう。

 

さらに国立研究開発法人科学技術振興機構から発信されている情報で、葉酸を摂ることは致死的心筋梗塞発症危険を軽減させる可能性があること、葉酸はホモシスティンを除去することで、それは心筋梗塞、アルツハイマー病、鬱血性心不全、骨粗鬆症による骨折などの疾患発症リスクを低減させる可能性を示すという報告があります。

 

つまり、葉酸は摂取上限量(18〜29歳900μg、30〜69歳1000μg)に注意したうえで、積極的の摂って損はないということになります。

 

 

 

page top