葉酸サプリを男性も飲む?

妊活のために葉酸サプリを、

というのは大きな疑問があります。だって葉酸では妊娠できないですから。

 

もちろん、男性も妊娠の予定のない女性も葉酸の推奨摂取量が設定されていますけど、あくまでも一般的な食事で摂りましょうという話であって、栄養補助食品で摂りましょうと言うのは、妊娠の予定がある女性だけです。

 

(妊娠のためではなく妊娠初期の胎児に必要なため)例えば、ふだんから偏食気味で栄養の過不足が酷いというならば、栄養補助食品で補うこともあります。

 

でも、健康な夫婦に向けて「赤ちゃんが欲しいなら葉酸サプリを」、これは、「葉酸サプリを摂れば妊娠できる」ようにも読めてしまうので、こういった表現は、あくまでも私個人の感想ですが、ちょっと嫌らしいなと感じます。

 

エレビットの商品レビューをしている個人サイトの中には、そんなアプローチしている人もいて、「夫婦で葉酸サプリを飲まないと赤ちゃんはできない」などとド・ストレートなご表現をしておらず、「一般論として葉酸という栄養素の大切ですよ」という感じです。

 

葉酸だけでは妊娠できないですから、マカなど健康づくりに飲んで良い素材とかを紹介した方がよほど価値がある提案だと思います。

 

 

 

葉酸はビタミンの仲間で、B群に属します。

 

水に溶ける性質を持ち、ビタミンB12とともに血液を作る働きがあります。

 

そもそもビタミン類は互いに協力して働くことことで効果が期待できるもので、1種類をたくさん摂るよりも多種をまんべんなく摂った方が良いとされています。

 

相性の良いビタミン同士を取らなければ、葉酸だけをたくさん摂っても本来あるはずの効果が得られないないということです。

 

妊活中の女性は、妊娠時の胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げるという効果を期待し、食事からとれる葉酸とは別に1日あたり400マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで摂るようにと厚生労働省から通知されました。

 

ただし、葉酸を過剰に摂取すると、ビタミンB12欠乏症との判別がしにくくすることもあるので、やはり過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

そういったこともあり1日あたりの葉酸について、摂る量の下限値も上限値も設定されています。

 

 

 

妊活中から葉酸サプリは知って飲んでいます。

 

産婦人科の先生も進めていると聞いています。

 

芸能人も飲んでるという声を聞きますし、絶対に妊娠したいし、もし不妊だとしても葉酸で何とかなるのかなという思いからです。

 

調べてみるとドラッグストアでもネットでも買えますね。

 

ベルタ、DHC、ピジョンなどよく耳にします。

 

アメリカ製もあるのですね。

 

その中でも人気商品は、原材料の種類や品質が高くてお手頃価格ですね。

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーからも発売されていますね。

 

完全な後発組ですが、ライバル会社の人気商品を研究して開発されたアロベビー葉酸サプリがオススメと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

葉酸はいつまで飲むのか、あなたはいつまで飲みましたか?まず赤ちゃんの最初の成長時期である妊娠初期は、間違いなく必要です。

 

さらに妊娠中期の妊婦さんでも摂取量は減らしたにしても葉酸は取った方がいいのです。

 

ベルタなので葉酸サプリは、不要とお考えの女性もいますが、医師や厚生労働省が推奨する量を葉酸サプリを飲まずに摂るのはほぼ不可能です。

 

それぞれの食材に含まれる葉酸量の決して多くはないですし、葉酸量だけ意識した食事では、栄養バランスが悪くなります。

 

もちろん葉酸サプリは取るのが簡単だからと言って、規定量より多く飲むのは良くないことです。

 

葉酸の1日あたりの摂取量は、推奨値に加減も上限の定められています。

 

1日あたり900〜1000μgという上限値を超えた飲み方を続けたことで、生まれた子供に喘息が発症したという症例があったからです。

 

ただ、あまり心配しなくても大丈夫です。

 

一般的にバランスが良いと言われる食事でさえ摂れる葉酸は、1日あたり240μg程度、ほとんどの葉酸サプリは、1日の規定量が400μgなので、無茶な食べ方、飲み方をしなければ、900マイクログラムを摂ることはほぼできません。

 

 

 

page top