ピジョンの葉酸プラスは、平成30年、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位を獲得したようです。

ピジョンの葉酸プラスは、平成30年、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位を獲得したようです。

赤ちゃんが健康に育つことを願う女性が飲むことを想定して開発された商品です。

 

厚生労働省も言うように妊娠初期は葉酸を食事とは別に合成型葉酸を400μg摂った方がいいのですが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、それらの成分も配合されています。

 

粒は小さめなので、粒が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

 

できるだけ胃で消化されずに腸まで届くよう工夫されているので、うまく小腸まで届いて、そこで吸収されるようです。

 

こういっただんだんと消化吸収されることを実現するためタイムリリース加工という処置を施しています。

 

 

 

ディアナチュラの葉酸サプリは、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという厳しい管理体制の中で生産される商品です。

 

原材料は安全なものを選び抜き、保存料無添加・無着色で製造しています。

 

また、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の認定「健康補助食品GMP」を取得済みで、国内工場の一貫した管理体制で安全性を確保し、原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

摂取する時間は、ご本人の自由です。

 

都合の良いときを飲む時間としていいでしょう。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

飲むときは、タンニンを含む飲み物(緑茶など)は葉酸の吸収を阻害するので避けて、水やぬるま湯で飲んだ方がいいです。

 

 

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーの葉酸サプリです。

 

配合される葉酸はスイス製(最終加工国)で高品質、体内での吸収率が高いモノグルタミン酸型です。

 

厚労省が推奨するとおり400μgを配合しています。

 

また、妊娠期の貧血防止のため鉄分15mg、母体と赤ちゃんの丈夫な骨のためにカルシウム230mgはこれらは十分な量になっていると思います。

 

妊活中や妊娠中の女性は、ビタミン・ミネラルが大切ですが、普段の食事では必要量の半分くらいしか摂取できていない実態があります。

 

世の中にはミネラルやビタミンを多種配合している葉酸サプリがたくさんあります。

 

ただ、配合量が少ない点に注意が必要です。

 

アロベビーは、種類だけでなく配合量の十分ですので、毎日続けることで、赤ちゃんに必要な量はしっかりと満たせます。

 

それと学ぶ力がある赤ちゃんに期待して、発育に関係する9種類の赤ちゃんサポート成分を配合しているのもアロベビーの大きな特徴ですね。

 

定期購入での価格は初回が80%オフ、2回目以降30%オフ、15日間の返品オッケー、回数の縛りがないのもうれしいポイントだと思います。

 

 

 

妊娠前から葉酸、カルシウム、鉄分を補給しようとサプリメントで補う人が多いです。

 

pigeonの『かんでおいしい葉酸タブレットカルシウムプラス』などです。

 

ドラッグストアなどで買うことができます。

 

pigeonのサプリメントは添加物が気になるという意見を目にします。

 

他メーカーの葉酸系サプリと比べると含有量が多いようにも見えますが、ただ、栄養補助食品として問題があるレベルではないのでしょう。

 

いつどんな感じで飲むかと言えば、基本はメーカーの言うとおりにするのがおすすめです。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

その厳選野菜とやらを紹介しましょう。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸は最終加工国がスイスの葉酸を使用し、いろいろ他の栄養素も配合しているようです。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、形状はカプセルではなく錠剤で、小さめサイズにしてあるので、苦手な方でも飲みやすいらしいですよ。

page top