ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

そうすると葉酸の吸収率が他の葉酸と違って、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため葉酸を効率よく摂取できるようになりました。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸の粘膜にある酵素の作用でモノグルタミン酸型に分解されてから小腸の細胞に吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸が正しく作用するようカルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンを含み、無添加で、加えて6種類の美容成分を含んでいる点が特徴です。

 

なお、ベルタ葉酸サプリはamazonでも購入することができます。

 

 

 

ディアナチュラから販売されている葉酸サプリは、飲むと下痢になったので、ひどい場合は不妊になるのかと不安になっている利用者がいました。

 

公式サイトでは一切触れていないので、メーカー見解はわからないのですが、口コミの本人は、自分と商品との相性の悪さかと考えているようです。

 

実際、サプリメントは相性の良し悪しがあるようなので、何度か続くようであれば、割り切って別メーカーの別商品にした方が良いかもしません。

 

まあ、価格の相場から見るとかなり安い商品ですし、企業努力として、何らかのコストカットをしていると思われます。

 

原材料の品質や製造方法にかかわる部分でコストカットしていないでほしいですが、利用者に症例がある以上、メーカーから何かコメントが欲しいところです。

 

本来であれば、葉酸は妊婦になる前から摂取したいので、妊娠中は鉄分やカルシウムも不足しがちなので、そういった成分も摂りたいですね。

 

 

 

ディアナチュラの葉酸サプリは、系列のアサヒ研究所の開発と国内工場での製造で、厳しい管理体制の中で生産される商品です。

 

原材料は安全なものを選び抜き、保存料は使わず、無着色です。

 

また、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の認定「健康補助食品GMP」を取得済みで、一貫した管理体制の下、国内工場で原材料の受入から製品出荷まで行っています。

 

葉酸サプリを飲むのに最適化時間は、ご自身の体調に合わせて都合の良いときを飲む時間としていいでしょう。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

飲むときは、タンニンを含む飲み物(緑茶など)は葉酸の吸収効率が悪いので、ぬるま湯や水で飲むようにしてください。

 

 

 

ファンケル製のビタミンB群は、厚労省が推奨する葉酸400μgを含みます。

 

妊娠を希望する女性にお勧めできます。

 

また葉酸は、ビタミン12とともに冷え性の原因の貧血予防の助けとなります。

 

鉄分、カルシウムが入っていないのは、妊婦さんにはちょっと残念です。

 

最も大切なのは、妊娠式までに葉酸を摂っていることで、妊娠中は母体の健康のためにも鉄分とカルシウムが必要だからです。

 

食事だけでそこまで完璧にするのは困難なので、栄養補助食品で補いましょうという話になっているのです。

 

当然、ファンケルのビタミンb群が唯一無二の商品ではありません。

 

多くのメーカーから展開されているのでご自身に合うサプリにすればよいと思います。

 

その際のポイントは、まず葉酸の種類はモノグルタミン酸型であること、それと鉄分、カルシウムなどビタミンやミネラルが配合されている方がいいですね。

 

それと添加物の含有量には注意してください。

 

 

 

ララリパブリックの葉酸サプリは、材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

使用する野菜の産地もご紹介します。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸は最終加工国がスイスの葉酸を使用し、いろいろ他の栄養素も配合しているようです。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、入れ物はかわいらしくシンプルなデザイン、形状はカプセルではなく錠剤で、小さめサイズにしてあるので、苦手な方でも飲みやすいらしいですよ。

page top