アロベビー葉酸サプリの買い方

アマゾンや楽天でもアロベビー葉酸サプリは

販売されていますので、それぞれのポイントが利用して購入できます。

 

福袋的な販売はされていませんが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

飲んでいるママの口コミもありますが、口コミは、あくまでもその人の感想に近いもの。

 

味、匂い、飲みやすさなどの感覚は、すべての人が同じということはないでしょうね。

 

そのためにも定期購入で1袋を入手して、まず試したうえで続けるのが難しいようであれば、15日以内に返金を申し込みましょう。

 

続けられそうであれば、妊活中から妊娠初期までフル(400μg/日)に飲んで、妊娠中期から出産までが6割(240μg/日)、出産後は卒乳までは100μgほど続けたいですね。

 

理想を言えば、妊活中から卒乳まで続けることをおすすめします。

 

 

 

ビタミンは、単独で本来の働きをするわけではありません。

 

いわば他のビタミンとの協業です。

 

ビタミンB群の中でもB1、B2、B6は、特に偏りなく摂った方が良いとされます。

 

ファンケル製品のビタミンB群は、ビタミンB群が8種類、それにそれらのと働きを支援するイノシトールという栄養素も配合しています。

 

厚生労働省の推奨値とおり葉酸が400μg入っているので、妊娠を希望する女性におすすめです。

 

ただ、そういった女性の専用品ではなく、ビタミンB群はエネルギーの供給や老廃物の代謝に働くので、疲れやすい、疲れがたまっている、便秘気味、むくみが酷い人まで広く利用者の範囲が広いです。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

そのため『ビタミンB群』は、穏やかに吸収さえるようにし、できるだけ長い時間で機能するように工夫したそうです。

 

 

 

ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという一貫した管理体制で作られる葉酸サプリです。

 

原材料は安全なものを選び抜き、保存料は使わず、無着色です。

 

また、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の認定「健康補助食品GMP」を取得済みで、国内工場の一貫した管理体制で安全性を確保し、原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

葉酸サプリを飲むのに最適化時間は、ご本人の自由です。

 

都合の良い時間に飲んで構いません。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

葉酸サプリを飲む際は、担任を含んだ緑茶などと一緒だと葉酸の吸収効率が悪いので、ぬるま湯や水で飲むようにしてください。

 

 

 

pigeonの『葉酸プラス』は、平成30年、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位を獲得したようです。

 

元気な赤ちゃんに泣てほしいと希望する女性に飲んでほしい葉酸サプリです。

 

厚生労働省も言うように妊娠初期は葉酸を食事とは別に合成型葉酸を400μg摂った方がいいのですが、葉酸プラスでは1日1粒で摂れます。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、鉄とビタミンB群も配合されています。

 

粒は小さめなので、粒が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

 

その他の工夫としては、胃をスルーできて腸まで届く点ですね。

 

うまく小腸まで届いて、そこで吸収されるようです。

 

このようにゆっくりと徐々に吸収されるような加工をタイムリリース加工という処置を施しています。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

使用する野菜の産地もご紹介します。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、いろいろ他の栄養素も配合しているようです。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは継続することも大切なので、入れ物はかわいらしくシンプルなデザイン、錠剤が苦手な女性も飲みやすいサイズにしています。

 

 

 

page top